MNOISE – 音響シミュレーションのプリプロセス・ポストプロセスツール

MNOISEは、部品をFE(Finite Element: 有限要素)シミュレーションに基づいて音響評価するエンジニアをサポートします。プリプロセスモードでは、MNOISEが加振データテーブルの生成から、FE解析の実行までを自動的に行います。FE解析が終了するとMNOISEがシミュレーション結果を収集し、ポストプロセスモードで音響特性を評価します。ホットスポットやクリティカルとなる部位を検出し、形状の改善に活かすことができます。平歯車の噛み合いによる起振評価はMNOISEギアモジュールで実行可能です。