background grey triangle

目的

自動車構成部品の音響特性は近年、法規制や車両軽量化、顧客からの要望などにより、高いレベルが求められています。開発期間の短縮には、構想段階または設計段階のできるだけ早い段階で、CAEを用いて音響特性を評価することが重要です。特に、部品のグローバルな動特性が音響性能を大きく左右しますが、これは構想段階でこそ大きな改善が期待できます。MNOISEを利用することで部材表面における音響評価が可能になり、シミュレーション上で部品のクリティカルな部位やホットスポットを検出できます。これらの結果を利用することで、より良い部品設計に貢献します。